切手は郵便局で買い取ってくれるのか?

切手は郵便局で買い取ってくれるのか?

切手は郵便局で買取ができるか?否かですが、

原則的に郵便局では現金換金は不可となっています。

その代わりと言ってはなんですが、別のもので変更してもらえます。

やはりただ単純に現金に変更は難しいみたいですね。

切手の買取業者ですと、すぐに現金換金できるので、おすすめです。

>>切手買取業者一覧

郵便局で切手で変更できるもの

郵便局に切手をもっていった際には以下の様なものに交換することが可能です。

またその額面分で変更が可能。

郵便局で変更することが可能なもの

お渡しするもの/受け入れるもの 通常切手 特殊切手 くじ引番号付郵便はがき その他の郵便はがき 郵便書簡 特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)
通常切手 × ×
特殊切手(※2) × ×
くじ引番号付き
郵便はがき(※3)
販売期間内 ×
販売期間後 × ×
その他の郵便はがき × ×
郵便書簡 × ×
特定封筒
(レターパック封筒および
スマートレター封筒)
× ×
エクスパック封筒 × × × ×
旧エクスパック封筒
(公社発行のもの)(※4)
× × × ×

(郵便局HPより引用)

上記の様に切手の種類によっても交換できる内容が変わってきます。

特殊切手は郵便局に持って行ってもまったく何も交換することができません。

ですので、切手買取の専門業者に依頼した方が、現金で即金で買取をしてもらえることが可能です。

もし、郵便切手を現金以外に変更をしたい場合などは上記の表を参考にしてください。

他にも郵便局の手数料として利用することが可能

上記の様な交換の仕方以外に、他にも郵便局のサービスの手数料を支払うのに利用することが可能です。

切手類等の交換手数料

郵便切手・通常はがき

1枚につき 5

往復はがき・郵便書簡

1枚につき 10

特定封筒(レターパック)

1枚につき 41

10円未満の郵便切手や郵便はがき

合計額の半額

料金受取人払・着払の手数料

料金後納とし、かつ郵便私書箱に配達する場合

1通(個)につき 10

料金後納とする場合

1通(個)につき 15

郵便私書箱に配達する場合

1通(個)につき 15

その他

1通(個)につき 21

上記の様に手数料としての支払いを切手を利用して支払うことが可能となります。

他にもこの様なことに切手を利用することが可能!

切手には他にもこの様なものにも利用することが可能です。

例えば、ヤフオク!を利用した際の落札額に切手を利用してお支払いをすることが可能であったり、Amazonのギフト券や図書カード等の金券類の落札に切手を使用できることもあります。

探せばまだいろいろと支払いが可能なことがございます。

以外と切手は郵送に送るだけで利用する方が多いと思われますが、この様に金券の様な形で他のサービスに現金の様にあてがうこともできたりします。

それでもやっぱり現金が良い!

それでもやっぱり現金で手元にあった方が良いと考える方も多いです。

その際は前述にも記載した通り、切手専門買取業者を呼ぶことが一番早いです。

>>切手買取おすすめ業者

この買取業者を利用すると、確実に現金で買い上げてくれて、手元にキャッシュが残る様になります。

但し、気を付けてください。

切手と言っても、額面をそのまま買取をしてくれる様なことは中々難しいです。
切手の相場については以下を参考にしてください。

>>切手買取相場は?

上記の様に切手の買取相場もまちまちです。

またコンディションや状態によっても相場が変更する様なことが多いです。

郵便局で利用する際の切手について まとめ

いかがでしたか?郵便局では現金に変更することは難しいですが、他のサービスに利用することが可能です。

普段から郵便局を利用する機会が多い方は内容によっては郵便局で利用した方が得なことも考えられます。

しかし、現金に換金したいと考えていらっしゃる方は、上記の通り、切手買取業者に依頼をおこない、現金に換金してもらうことをお勧めします。

またプレミア切手が中には紛れ込んでいる可能性もあるので、その様な切手についは売却をした方が、非常に得です。

きちんと1枚1枚の切手を確認して、その利用を考えてみて下さい。

>>プレミア切手の種類はこちら