切手買取業者での愛国切手記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

愛国切手記念切手の各種額面の買取相場と概要一覧

ロングテール切手の買取

このページでは、1937年に発行された記念切手愛国切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。愛国切手記念切手の価値を知りたい方や、愛国切手記念切手を切手買取に出そうとお考えの方への参考になれば嬉しいです。

愛国切手記念切手の買取価格をチェック

愛国切手記念切手の買取価格
愛国切手記念切手
発行年:1937年(昭和12年)
切手デザイン:ダグラスDC-2型機
切手の印刷方式:グラビア印刷
買取価値:普通~高い

記念切手「愛国切手」は、実は日本で初めて発行された”寄付金付き”の切手だそうです。

愛国切手記念切手は、日本アルプスの上空と「ダグラスDC-2型機」という飛行機が図柄に採用されているのだそうで、額面は2+2銭、3+2銭、4+2銭の3種類があります。 この、額面の「+2銭」が寄付金になったそうですが、戦後になるとGHQによる排除の対象となってしまい、愛国切手記念切手は廃盤になったそうです。

愛国切手記念切手、実は切手帳に3種類とも持っていて、全てに買取価格を付けてもらいました! こちらの愛国切手記念切手、いっけん飛行機の切手にしか見えなかったので、国や寄付に関連する切手とは思いもよらず、とっても驚きましたね。

私が切手買取に出した愛国切手の買取価格は、2+2銭切手、3+2銭切手に200円ずつの買取価格が、4+2銭切手には250円の買取価格をつけてもらうことが出来ました! しかも、それぞれ2枚ずつ所持していたので、愛国切手記念切手の買取価格は、合計で1800円もの買取価格になりました!

私が所持していた愛国切手は、ビニールパックのようなものに封入されていて、とても綺麗な状態だったこと、そしてその他にも沢山の記念切手を買取してもらったので、オマケ要素として買取価格を少しあげてもらうことが出来たので、この買取価格になりました。 愛国切手記念切手の他にも、古い切手がまとめてたくさん売れたので、買取価格の面でも収納の面でも、とても満足の切手買取でした!

昭和の記念切手「愛国切手記念切手」とは?

愛国切手記念切手とは

愛国切手記念切手は、1937年(昭和12年)6月1日に発行された記念切手で、飛行機や飛行場の整備をととのえる目的で寄付が募られた記念切手です。 例えば、愛国切手記念切手の「4+2銭」切手だと、本来の切手の額面は4銭ですが、そこに2銭の寄付金が上乗せされる形になっているのです。

当時の日本はあまり飛行場の整備が進んでいなく、売上の一部を飛行場の整備に使うため、愛国切手記念切手で寄付を募る形を取りました。

愛国切手記念切手の図柄は、どれも同じダグラスDC-2型機のデザインですが、切手の額面ごとに印刷された色が違っています。 愛国切手記念切手の2+2銭切手だと赤色、3+2銭切手だと青色、4+2銭だと緑色で印刷されているのが特徴ですね。 3種類並べるととても綺麗な切手で、切手愛好家の方から人気があるのも分かるような気がしました!

また、この頃は、こちらの愛国切手記念切手の他にも、はがきなどが寄付金付きで発行されていたみたいですね。 切手買取では、昔のはがきなどもまとめて買取してくれる業者が多いので、古いはがきや切手をお持ちの方は、一度切手買取業者の無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へスクロール