切手買取業者での貿易再開記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

貿易再開記念切手の価値・買取価格をチェック

貿易再開記念切手の買取価格は?

このページでは、1947年に発行された記念切手貿易再開記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。貿易再開記念切手の価値を知りたい方や、貿易再開記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

貿易再開記念切手の買取価格をチェック

貿易再開記念切手の買取価格
貿易再開記念切手
発行年:1947年(昭和22年)
切手デザイン:当時の輸出品、「民間貿易再開記念」
切手の印刷方式:グラビア印刷
買取の価値:高い

貿易再開記念切手は、日本の民間貿易の再開を記念して作られた記念切手で、1.2円(1円2銭)切手・4円切手の2種類が発行されました。 当時はまだ、貨幣の単位に「銭」を使っていた時代でしたので、貿易再開記念切手の額面も、1.2円が「120」、4円切手が「400」と表示されています。

貿易再開記念切手は2種類が発行されましたが、図柄はどちらも同じもので、1.2円切手が茶色、4円切手が青色で印刷されていました。 貿易再開記念切手は、私は2種類両方所持していて、価値を調べるために「民間貿易再開記念」とネットで調べたりもしました(切手に「民間貿易再開記念」と書かれていたので…。)

記念切手って種類が書いてあるものが少ないので、価値を調べようと思ってもなかなか分からないんですよね。切手の種類が分からないというか…。 最初はオークションに出そうと思って色々調べていたんですが、そうした理由もあり、切手買取業者に全てお任せすることにしたんです。

切手買取での貿易再開記念切手の買取価格は、1.2円切手が100円の買取価格、4円切手が250円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! 切手の額面には「400」と書かれていたので、てっきり400円の切手だと思っていたんですが、「4円」の間違いだったんです…(笑)なので、買取価格も数円かな?とあまり期待していなかったので、嬉しい誤算でしたね。

切手の買取ではなく”換金”だったら、きっともっと低い買取価格だったはずなので、古い切手を売るときは、切手の価値で買取価格を出してくれるタイプの買取業者の利用をおすすめしますよ!

昭和22年の記念切手「貿易再開記念切手」とは?

貿易再開記念切手とは

貿易再開記念切手は、1947年(昭和22年)8月15日に発行された記念切手です。 1940年代といえば、日本は”第二次世界大戦”の最中、そして1945年に終戦を迎え、戦後の復興へ向けて時代が大きく動いていた頃でもあります。

日本は第二次世界大戦によって貿易を中止していた時代がありますが、終戦をを迎えたことにより、一定の条件で貿易を再開することが出来ました。 その記念として発行されたのが、今回ご紹介の「貿易再開記念切手」なんです。

ですが、当時の日本はまだGHQの管理下に置かれていたこともあり、貿易の制限内容もまだまだ多かったそうです。 けれども、貿易が再開できることは、敗戦後の日本が世界へ復帰するための足がかりとして無くては成らないもので、当時の人々はとても喜ばれたそうです。 今回ご紹介の「貿易再開記念切手」も、そのお祝いとして発行された切手です。記念切手の他も、貿易を再開するお祝いが各地で開かれていたそうですよ。

貿易再開記念切手の図柄には、「民間貿易再開記念」という文字と、背景には当時の輸出品が描かれています。 内容としては、1.2円切手には扇子や時計、ギターやカメラなど、4円切手には電気スタンドや生糸、パールのネックレスなどが採用されています。 これらが当時の日本を代表していた輸出品だそうですが、かなり近代的な印象を受けますよね。

ページ上部へスクロール