切手買取業者での大東亜戦争1年記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

大東亜戦争1年記念切手の価値・買取価格をチェック

大東亜戦争1年記念切手の買取価格は?

このページでは、1920年に発行された記念切手大東亜戦争1年記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。大東亜戦争1年記念切手の価値を知りたい方や、大東亜戦争1年記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

大東亜戦争1年記念切手の買取価格をチェック

大東亜戦争1年記念切手の買取価格
大東亜戦争1年記念切手
発行年:1942年(昭和17年)
切手デザイン:バターン半島と戦車、真珠湾の空中攻撃
切手の印刷方式:グラビア印刷
買取の価値:普通~高い

大東亜戦争1年記念切手とは、大東亜戦争が始まってから1年が経過したときに発行された切手で、寄付金を募るための「寄付金付き記念切手」として発行されました。 大東亜戦争1年記念切手は「2+1銭」と「5+2銭」の2種類が発行されました。額面の後ろが寄付金額なので、大東亜戦争1年記念切手を購入するときは、3銭と7銭が必要だった計算になりますね。 ちなみに、寄付金は国防献金・軍事調達のために使われていたそうです。

大東亜戦争1年記念切手は、私の自宅には2+1銭切手しかなかったのですが、実は大きな50面シートで持っていたんです! 切手買取では、切り離さずにそのままの状態で買取してもらいました。ビニールなどにも入っていなく、むき出しの状態で保存されていたのであまり綺麗な感じではありませんでしたが、それでも1シートで3000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました!

切手買取業者の方によると、大東亜戦争のバラ切手の場合の買取価格相場は、一枚で数十円前後の買取価格、高くて100円前後の買取価格になるようです。買取価値は僅かに5+2銭切手のほうが高いようです。

切手買取業者の査定員の方によると、シートで保管されていた切手は、基本的に切り離さずにそのままの状態で買取してもらったほうが良いみたいです。 「1枚1枚切り離してバラ切手の状態で売ったほうが、合計して高い買取価格になるんじゃないの?」と思われる方もおられるかも知れませんが、実はそうではありません。 シートの状態が一番価値が高く、その次にブロック(完全なシートではないけれど、複数枚繋がった状態)、その次にバラ切手、というふうに買取価値が高くなるので、シート切手の状態が一番価値が高いんです。

もちろん、切手の中には「使用済みの方が買取価値が高い」などの特例もあるようですが、一般論でいえば、「未使用」「シート切手」のほうが高い買取価格がつく可能性が高いみたいですよ。

昭和の戦時中の記念切手「大東亜戦争1年記念切手」とは?

大東亜戦争1年記念切手とは

大東亜戦争1年記念切手は、1942年(昭和17年)12月8日に発行された記念切手です。日本が戦時中(大東亜戦争)に発行された切手で、切手の図柄も軍事色が強いものになっていますね。

大東亜戦争1年記念切手には、額面2+1銭には「バターン半島を進む戦車」、額面5+2銭だと「真珠湾の空中攻撃」が描かれています。

昭和17年とかなり昔に発行された記念切手ですが、発行枚数が284万枚と多かったため、(5+2銭切手は283万枚発行)希少価値はそれほど高くないようです。

2+1銭の大東亜戦争1年記念切手には、上部に菊花紋章と「大日本帝国郵便」、額面が「貳銭」、切手の下部には「大東亜戦争第一周年記念」と記載されています。 5+2銭の大東亜戦争1年記念切手には、上部に菊花紋章と「大日本帝国郵便」、切手右に「五銭」の額面、下部に「大東亜戦争第一周年記念」と書かれています。 でも、昔の文字なので今とは大幅に異なり、かなり読みにくいですよね。

ページ上部へスクロール