切手買取業者での犬山こども博覧会記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

犬山こども博覧会記念切手の価値・買取価格をチェック

犬山こども博覧会記念切手の買取価格は?

このページでは、1949年に発行された記念切手犬山こども博覧会記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。犬山こども博覧会記念切手の価値を知りたい方や、犬山こども博覧会記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

犬山こども博覧会記念切手の買取価格をチェック

犬山こども博覧会記念切手の買取価格
犬山こども博覧会記念切手
発行年:1949年(昭和24年)
切手デザイン:こどもの笑顔(日置勝駿・作)
切手の印刷方式:グラビア印刷
買取の価値:非常に高い

犬山こども博覧会記念切手とは、愛知県の犬山で行われた「こども博覧会」を記念して作られた記念切手です。 こどもの笑顔が印象的な切手シートで、切手が10枚並べられた状態で1枚のシートになっています。

「犬山こども博覧会記念切手」、実は切手買取ではかなりのプレミア価値がある切手として有名だそうです! 切手買取業者での犬山こども博覧会記念切手の買取価格相場は、特別綺麗な状態であれば、なんと1枚で1万円以上もの買取価格が期待できるプレミア切手なんです!

ラッキーなことに、犬山こども博覧会記念切手の小型シートは、私も一枚だけ切手アルバムに挟まっていました。 ただ、茶色いシミが切手にいくつかあったため、ぱっと見で買取価格の方は、若干諦めてしまいました・・・。 切手買取業者の査定員の方いわく「価値が高いプレミア切手であれば尚のこと、切手コレクターの方からの需要が高く、綺麗な状態であればあるほど更に価値が高騰する…」だそうです。

だけど、あまり状態が良くなかった犬山こども博覧会記念切手でも、1枚で6000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! 綺麗な切手とあまり綺麗じゃない切手だと、買取価値が10倍くらい違うこともあるとおっしゃっていたので、1000円くらいの買取価格は付くかな…?と思っていたのですが、予想以上の買取価格を付けてもらうことが出来て、とても嬉しかったですよ!

切手買取業者の査定員の方は、犬山こども博覧会記念切手について「切手の周りに”目打ち”という切り離しのためのギザギザがついていれば、図柄が全く一緒でも、実は別の記念切手になる」とのことでした。犬山こども博覧会記念切手ではないほうの切手だと、1枚で買取価格は200円前後が期待できるそうです。

昭和24年の記念切手「犬山こども博覧会記念切手」とは?

犬山こども博覧会記念切手とは

犬山こども博覧会記念切手は、1949年(昭和24年)5月5日に発行された記念切手です。 切手1シートあたり、5円切手が10枚繋がっていて、シートの上には「こども博覧会記念」「犬山」と記載されています。 切手のデザインは、日置勝駿が描いたこどもの笑顔が採用されていて、切手単片の下部には「こどもの日」と記されていますよ。

この犬山こども博覧会記念切手は、実は「こどもの日記念」に発行された切手を、連結してそのまま小型シートへと変えてしまったものです。 5円切手×10枚=犬山こども博覧会記念切手の販売価格は「50円」、しかも切手デザインは別のものをそのまま流用したものだったので、切手ファンからバッシングをあびてしまった記念切手でもあったようです。

犬山こども博覧会記念切手が発行されたのは昭和24年のこと、当時は銀行の初任給がだいたい500円前後だったようですので、当時の50円切手がいかに高額だったかよく分かります。

ちなみに、この犬山こども博覧会記念切手のデザインを担当した日置勝駿は、当時は通信省のデザイナーとして活躍されていた人物です。 犬山こども博覧会記念切手の他にも、当時の年賀切手のデザインや、「第9回国際食用きのこ会議記念切手」などのデザインなども担当された方だそうです。

ページ上部へスクロール