切手買取業者での明治神宮鎮座10年記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

明治神宮鎮座10年記念切手の各種額面の買取相場と概要一覧

明治神宮鎮座10年記念切手の買取相場

このページでは、1930年に発行された記念切手明治神宮鎮座10年記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。明治神宮鎮座10年記念切手の価値を知りたい方や、明治神宮鎮座10年記念切手を切手買取に出そうとお考えの方への参考になれば嬉しいです。

明治神宮鎮座10年記念切手の買取価格をチェック

明治神宮鎮座10年記念切手の買取価格
明治神宮鎮座10年記念切手
発行年:1930年(昭和5年)
切手デザイン:明治神宮
切手の印刷方式:平版印刷
買取価値:普通~高い

明治神宮鎮座10年記念切手は、明治神宮が出来てから10年を記念して作られた記念切手で、1と1/2銭(1.5銭)と、3銭切手の2種類が発行されました。 切手の画像は、朱色で印刷された「3銭切手」を採用していますが、1.5銭の明治神宮鎮座10年記念切手は、全く同じ図柄で”緑色”で印刷されています。

私が切手買取業者へ依頼したときの明治神宮鎮座10年記念切手の買取価格は、一枚で150円の買取価格でした! 他の買取業者へこの切手を見せたときは「額面が低すぎて買取できないかも」と言われたので、明治神宮鎮座10年記念切手を売るときは、専門性の高い切手買取業者へ見せてみることをおすすめします!

明治神宮鎮座10年記念切手、1.5銭と3銭の額面がありますが、価値はどちらも同じくらいで、切手買取業者の買取価格も同じ位なようです。 希少性は3銭の明治神宮鎮座10年記念切手のほうがやや高いみたいですが、買取価格に反映されるほどの価格差ではなく、切手の状態によって買取価格が変わる切手だと思いました。

昭和の記念切手「明治神宮鎮座10年記念切手」とは?

明治神宮鎮座10年記念切手とは

明治神宮鎮座10年記念切手は、1930年(昭和5年)11月1日に発行された記念切手です。 明治神宮が出来たのが1920年(大正9年)ですので、ちょうど10年の記念に発行された記念切手ですね。

明治神宮鎮座10年記念切手の発行枚数は、1.5銭切手が307万枚で、3銭切手が308万枚のようです。明治神宮鎮座10年記念切手は、3銭切手のほうが発行枚数が多いんですね。当時の需要の関係でもあったのでしょうか。

明治神宮に関連する切手は、今までたくさん発行されており、例えば普通切手の8銭においても明治神宮の図柄が採用されたという歴史があります。 明治神宮が完成した1920年(大正9年)は「明治神宮鎮座記念切手」が発行されていて、こちらは切手買取での買取価格相場も全く違いますので、注意が必要です。 「明治神宮鎮座10年記念切手かも?」と思う切手をお持ちの方は、上記の拡大切手画像とよく見比べてみてくださいね。

ページ上部へスクロール