切手買取業者での日本国際見本市記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

日本国際見本市記念切手の価値・買取価格をチェック

日本国際見本市記念切手の買取価格は?

このページでは、1920年に発行された記念切手日本国際見本市記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。日本国際見本市記念切手の価値を知りたい方や、日本国際見本市記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

日本国際見本市記念切手の買取価格をチェック

日本国際見本市記念切手の買取価格
日本国際見本市記念切手
発行年:1954年(昭和29年)
切手デザイン:輸出品の象徴
切手の印刷方式:グラビア印刷
買取の価値:普通

日本国際見本市記念切手とは、国際見本市が日本で開かれた記念に作られた記念切手で、1954年(昭和29年)に発行されました。 切手の種類は10円切手の1枚のみで、歯車が描かれた近未来的なデザインが印象的でしたね。 日本国際見本市記念切手の左上には「日本郵便」、切手の右下には「日本国際見本市記念」、切手の右側には「1954」と書かれていました。

私が持っていた日本国際見本市記念切手は、バラ切手ではなくて20枚が繋がった大きな1枚のシート状態でした。 切手買取業者での日本国際見本市記念切手の買取価格は、20面シートで4000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました!

切手買取業者の査定員の方によると、シートで保管されていた切手は、基本的に切り離さずにそのままの状態で買取してもらったほうが良いみたいです。 「1枚1枚切り離してバラ切手の状態で売ったほうが、合計して高い買取価格になるんじゃないの?」と思われる方もおられるかも知れませんが、実はそうではありません。 シートの状態が一番価値が高く、その次にブロック(完全なシートではないけれど、複数枚繋がった状態)、その次にバラ切手、というふうに買取価値が高くなるので、シート切手の状態が一番価値が高いんです。

もちろん、切手の中には「使用済みの方が買取価値が高い」などの特例もあるようですが、一般論でいえば、「未使用」「シート切手」のほうが高い買取価格がつく可能性が高いみたいですよ。

ですが、バラ切手だから買取価格が低いというわけではなく、私が買取してもらった切手の中には、バラ切手1枚で万単位の買取価格がつく切手もありましたし、バラ切手1枚で数千円の買取価格がつく切手も多かったです。 なので、昔の切手をまとめて売りたい!といった場合、想像以上の買取価格が期待できますよ!

昭和の記念切手「日本国際見本市記念切手」とは?

日本国際見本市記念切手とは

日本国際見本市記念切手は、昭和29年に発行された記念切手です。 図柄には「歯車」が描かれていたのですが、あとで調べてみると、歯車の他には真珠と真珠貝、貝製のボタンが描かれているみたいですよ。

日本国際見本市記念切手は、1954年4月10日に発行された記念切手で、発行枚数は300万枚が発行されました。 当時の記念切手の発行枚数で言えば、300万枚は割とベーシックな方だったらしく、他にも電気通信連合加盟75周年記念切手など、300万枚発行の記念切手が多くありました。

他にも昭和29年に発行された記念切手には、「男子スピードスケート世界選手権記念切手」や「レスリング選手権記念切手」「第9回国民体育大会記念切手」や「電気通信連合加盟75周年記念切手」があります。 スポーツ系の記念切手が多く発行されていて、各地で盛んに大会が行われていたんでしょうね。

ページ上部へスクロール