切手買取業者での昭和大礼記念切手(大嘗宮切手)の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

昭和大礼記念切手(大嘗宮切手)の価値・買取価格をチェック

昭和大礼記念切手の買取価格は?

このページでは、1928年に発行された記念切手昭和大礼記念切手(大嘗宮切手)における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。昭和大礼記念切手の価値を知りたい方や、昭和大礼記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

昭和大礼記念切手(大嘗宮切手)の買取価格をチェック

昭和大礼記念切手の買取価格
昭和大礼記念切手
発行年:1928年(昭和3年)
切手デザイン:鳳凰、大嘗宮
切手の印刷方式:凹版印刷
買取の価値:普通~高い

昭和大礼記念切手とは、昭和天皇の即位を記念して作られた記念切手です。切手の額面は、1.5銭(1銭5厘)、3銭、6銭、10銭の4種類があります。

昭和大礼記念切手には2種類のデザインがあって、1.5銭・6銭には「金の鳳凰」、3銭・10銭切手には「大嘗宮」が採用されています。 私は昭和大礼記念切手は、バラ切手の状態ですが4種類全て持っていたので、まとめて切手買取業者に買取してもらいました。

私が買取してもらった昭和大礼記念切手の買取価格は、1.5銭切手が50円、3銭切手も同じく50円の買取価格でした。 ですが、昭和大礼記念切手の6銭切手だと300円の買取価格が、10銭切手は350円の買取価格を付けてもらうことが出来ました!

昭和大礼記念切手は、1.5銭切手と3銭切手は、発行枚数が約2500万枚とかなり多いらしいのですが、6銭切手と10銭切手だと一桁少なく、250万枚前後の発行枚数になっているんです。 切手の買取価値は複合的な要因で決まるため、一概にはいえませんが、発行数が少ないほど元々の希少価値があるため、買取価格も高くなるケースが多いらしいですよ。

昭和初期の記念切手「昭和大礼記念切手(大嘗宮切手)」とは?

昭和大礼記念切手とは

昭和大礼記念切手は、1928年(昭和3年)11月10日に発行された記念切手で、1.5銭(1銭5厘)、3銭、6銭、10銭の4種類が作られました。 切手の意匠が、当時大嘗祭になった会場”大嘗宮”になっているので、別名「大嘗宮切手」と呼ばれることもあるみたいですよ。

昭和天皇の即位の礼が行われるときは、外国使節92人、勲一等以上の者が665人他の2000人以上の参列があったと言われています。 当時の内閣総理大臣であった田中義一氏が万歳三唱を担当したそうですよ。

ページ上部へスクロール