切手買取業者での大正婚儀記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

大正婚儀記念切手の価値・買取価格をチェック

大正婚儀記念切手の買取価格は?

このページでは、1900年に発行された記念切手大正婚儀記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。大正婚儀記念切手の価値を知りたい方や、大正婚儀記念切手を切手買取に出そうとお考えの方への参考になれば嬉しいです。

大正婚儀記念切手の買取価格をチェック

大正婚儀記念切手の買取価格
大正婚儀記念切手
発行年:1900年(明治33年)
切手デザイン:結婚式の贈り物
切手の印刷方式:凸版印刷
買取の価値:非常に高い

大正婚儀記念切手とは、大正天皇の婚儀が行われたことを記念して誕生した記念切手です。 大正婚儀記念切手の発行は、1900年(明治33年)と非常に古く、綺麗に残っている切手はそれほど多くありません。

大正婚儀記念切手の買取価格は、一枚でだいたい2000円前後の買取価格が基準で、綺麗な状態だと1枚5000円前後の買取価格も見込むことが出来ます。

私が大正婚儀記念切手を切手買取に出したときは、状態がそこそこ良かったことを評価してもらえ、一枚3000円の買取価格を付けてもらえました!正直、切手一枚に3000円の買取価格が付くなんて思ってもみなかったので、とても驚きました。密閉できる袋のようなものに切手が入っていて、綺麗に保存されていたので、そこも良かったんだと思います。

明治時代の記念切手「大正婚儀記念切手」とは?

大正婚儀記念切手とは

大正婚儀記念切手は、1900年(明治33年)5月10日に発行された記念切手で、印刷は赤色の単色で行われています。 大正婚儀記念切手の図柄には、結婚式の贈り物が描かれています。

大正婚儀記念切手の額面は「3銭」の1種類のみで、3634万枚の発行と、当時ではかなり多くの枚数が発行されました。

また、大正婚儀記念切手には”朝鮮”または”志那”と書かれたものがありますが、これは「在外局切手」に分類されます。 在外局切手とは、当時占領していた領土で発行された切手で、発行された地の名前が加刷されています。

大正婚儀記念切手の在外局切手も、切手買取業者ではもちろん買取対象となっています。 大正婚儀記念切手の「在外局切手」となると、また切手買取での買取相場が違いますが、大正婚儀記念切手の通常品より高い買取価格が期待できます。

大正婚儀記念切手は、大正天皇と貞明皇后との婚礼を記念して発行された切手です。1900年5月10日結婚式当日に発行されましたが、在外局切手は少し早く発行されています。

ページ上部へスクロール