切手買取業者での大正大礼記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

大正大礼記念切手の各種額面の買取相場と概要一覧

ロングテール切手の買取

このページでは、1915年に発行された記念切手大正大礼記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。大正大礼記念切手の価値を知りたい方や、大正大礼記念切手を切手買取に出そうとお考えの方への参考になれば嬉しいです。

大正大礼記念切手の買取価格をチェック

大正大礼記念切手の買取価格
大正大礼記念切手
発行年:1915年(大正4年)
切手デザイン:大嘗祭の冠、高御座、紫宸殿南庭の式場
切手の印刷方式:凸版印刷・凹版印刷
買取価値:高い~非常に高い

大正大礼記念切手は、大正天皇の即位を記念して作られた記念切手で、1.5銭、3銭、4銭、10銭の4種類が発行されました。 大正大礼記念切手の買取価格は、1.5銭切手は1枚300円前後の買取価格が基準になります。 大正大礼記念切手の3銭切手だと、大体500円前後の買取価格が期待できます。

大正大礼記念切手の4銭切手・10銭切手は、発行枚数が少なくなりますので、希少価値は上がり、切手買取業者でも高い買取価格が期待できます。 大正大礼記念切手の4銭切手の買取価格は、1枚でおおよそ2000円前後の買取価格が、10銭切手の場合は、1枚で6000円前後の買取価格が期待できます。

切手買取業者でも、大正大礼記念切手をはじめとした明治~大正時代の記念切手は、買取に力を入れていることが多いです。 古い時代の切手となると、発行からかなり長い年月が経っているため処分された数も多く、状態良く残っている切手はかなり少ないこと、そして発行枚数がそれほど多くない切手は、かなりの希少価値が期待できるからです。

私も大正大礼記念切手を買取してもらったんですが、見つかったのが1.5銭切手ということもあり、買取価格は200円前後でした。ですが、見つかったときは「切手一枚が200円で売れるの?」と驚きましたし、もともとの切手額面よりはるかに高い値段で買取してもらえたので、とても満足しています!
ですが、もし4銭切手か10銭切手が見つかれば、もっと高い買取価格になったんでしょうね…!

大正時代の記念切手「大正大礼記念切手」とは?

大正大礼記念切手とは

大正大礼記念切手は、1915年(大正4年)11月10日に発行された記念切手です。 大正大礼記念切手は、大正天皇の即位を記念して作られた記念切手ですが、「即位の礼」は、最高の皇室儀礼とされています。

そのため、記念切手も非常に豪華なデザインになっており、1.5銭切手には大嘗祭の冠、3銭切手には高御座、4銭切手・10銭切手には紫宸殿南庭の式場が採用されています。 ちなみに、高御座においては、大正天皇の即位の際は新しいものに新調されたそうですよ。

大正大礼記念切手は、現在から100年以上も前に発行されていた切手ですので、残っている数もそれほど多くなく、切手買取での買取価値も高い切手です。 大正大礼記念切手を売ろうかな?とお悩みの際は、切手買取業者へ買取の相談だけでもされてみることをおすすめします。

ページ上部へスクロール