切手買取業者での東京大学創立75年記念切手の価値・買取価格

切手買取体験談を紹介します

東京大学創立75年記念切手の価値・買取価格をチェック

東京大学創立75年記念切手の買取価格は?

このページでは、1952年に発行された記念切手東京大学創立75年記念切手における、切手買取業者での買取価格目安を紹介しています。東京大学創立75年記念切手の価値を知りたい方や、東京大学創立75年記念切手を切手買取に出したい方への参考になれば嬉しいです。

東京大学創立75年記念切手の買取価格をチェック

東京大学創立75年記念切手の買取価格
東京大学創立75年記念切手
発行年:1952年(昭和27年)
切手デザイン:東京大学の安田講堂
切手の印刷方式:凹版印刷
買取の価値:高い

東京大学創立75年記念切手は、その名の通り、東京大学が作られてから75年を祝して誕生しました。 切手に描かれているのは、東京大学の「安田講堂」だそうで、東大のシンボルとしても知られていますよね。

切手買取での東京大学創立75年記念切手の買取価格は、切手1枚で600円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! とても綺麗な状態で残っていたこと、そして4枚が繋がった「田型」という状態だったことも評価してもらえ、合計で2400円の買取価格になりました。 東京大学創立75年記念切手、この年代の記念切手の中でも結構高い価値があるそうで、切手買取での買取価格も期待できるものとなりそうです。

東京大学創立75年記念切手は、額面が「10円」の記念切手です。そのため、切手買取ではなく、金券ショップなどでの”換金”だと、10円以上の価値は期待できません。 東京大学創立75年記念切手を売るときは、切手の価値で買取価格を出してくれるタイプの「切手買取業者」が絶対におすすめです!

昭和27年の記念切手「東京大学創立75年記念切手」とは?

東京大学創立75年記念切手とは

東京大学創立75年記念切手は、1952年(昭和27年)10月1日に発行された記念切手です。大学に関連する記念切手としては、初めて発行されました。 10月1日は東京大学の創立日であり、1877年に設立されてからちょうど75年後の1952年に、東京大学創立75年記念切手の発行が行われました

東京大学創立75年記念切手の発行枚数は300万枚と、当時の記念切手の発行枚数でいえば、平均~やや少ないかな?くらいの枚数です。

東京大学は「東大」の名で知られている旧帝都大学のひとつです。 日本国内で初めての近代的な大学として設立され、法学部や医学部、農学部など10種類の学部が置かれています。

大学に関連する切手は、今回ご紹介した「東京大学創立75年記念切手」だけでなく、慶応義塾創立100年記念切手や琉球大学開校記念切手、琉球大学開学10周年記念切手などが作られています。 記念切手だけでなく、ふるさと切手なども含めるとさらに多く、早稲田大学や京都大学、北海道大学などの切手も発行されています。

ページ上部へスクロール